Menu toggle navigation

システムの特長

特長2.高品質ジルコニアまたはZ・EPを提供 『ジャストスキャンシステム』でデータをお送りいただければ、ATD社で製作した高品質ジルコニア補綴物Z・EPをお届けします。あなたのラボの確かな競争力アップに貢献します。

特長2.高品質ジルコニアまたはZ・EPを提供

『ジャストスキャンシステム』でデータをお送りいただければ、ATD社で製作した高品質フルジルコニアまたはZ・EPをお届けします。あなたのラボの確かな競争力アップに貢献します。

高品質ジルコニア補綴物をお届けします

「シェード」と「透明度」の
ダブルグラデーションを5層で表現

エナメル質から歯頸部にかけて、「シェード」と「透明度」の両方が滑らかに5段階で移行しています。

審美性と強度を同時に実現!

天然歯の色調と透明感を再現しながら、
同時にブリッジも可能な強度(100メガパスカル)
を実現しています。

Z・EPとは

エナメル質を残すATD社独自の補綴物。ジルコニアの強度と色調を最大限に生かします。審美の実現と形成時の作業軽減により、歯科医師からの満足度も抜群です。

Z・EPはここがちがう!

ジルコニア単体で天然歯の色が再現できる

無着色でも適度な透明感があるZr™

通常ジルコニアは白くて、透明度が不足気味のため、自然感に欠けます。しかし、Z・EPの素材であるZr™は、無着色でも適度な透明感を有します。

独自の着色材で象牙質やエナメル質の色調を再現

当社オリジナル着色材(Tanakaジルカラー、Tanakaジルクロム、TanakaZ-ラスター/全てpatent pending)により象牙質や透明度の高いエナメル質の色調が再現できます。

高い接着強度でジルコニアのアドヒージョンが可能

ジルコニアは化学的に構造が安定しているため、エッチングが出来なかったり、他の材料とは結合が難しいとされています。しかし、ジルコニアにシリカ系新素材「Z-ラスター」を焼き付けると、エッチングが可能になり、そこにシラン処理することで、接着性レジンとの結合が強固にでき、30Mpa 以上の接着力が得られます。薄い、小さい、維持力の少ない補綴物(インレー、インレーブリッジ、メリーランドブリッジ)も問題なく接着ができます。Z-ラスターはポーセレンとの接着強度も向上させるので、ポーセレンの剥離もありません。

薄い、小さい補綴物も問題なく接着が可能

エナメル質を残した形成が可能になる

ジルコニア自体で天然歯の色調をほぼ再現できるため、0.1㎜~0.2㎜ほどの薄い築盛で補綴物を製作することができます。よって、形成量を最低限に留めた、歯のエナメル質を残す形成が可能になります。

ナイフエッジマージンができる

通常のジルコニア補綴物の場合、フレームに厚みがあるためナイフエッジはできません。しかしZ・EPは、0.3mmのフレーム製作が可能なため、ナイフエッジができます。

エナメル質を残すメリット

患者様

  • 2次カリエスができにくい
  • 抜髄を回避できる
  • 設置時の痛みが軽減される

歯科医師

  • 固いエナメル質を形成する労力が削減できる
  • 接着強度が強い

資料請求・お問い合わせはこちら 0120-8020-88 受付9:00~18:00 月~金(土日祝休業)

資料請求・お問い合わせ